プライバシーマーク ISO27001 マーケティングリサーチ

Cyberセキュリティトレーニング

Cyberセキュリティトレーニング

中小企業向け演習型Cyberセキュリティトレーニングとは?

「自社は有名企業でも無いので関係ない」
「難しくて何から手をつけて良いか分からない」
「対策するにもコストが高すぎて、すぐに取り組めない」

みなさまのお悩みを解決するのが、バルクのCyberセキュリティトレーニングです。
演習トレーニングとは、体験学習により〝聞くだけでは分からない〟サイバー攻撃というものを皆さんに正確に理解して頂き『自分達はどうするべきか?』を判断いただくことや『対策をしなければ』と判断された場合には、出来るだけコストを削減するために適切な方法を習得して頂くためのトレーニングです。

トレーニングプログラムは純国産
《レンジフォース株式会社と株式会社バルクのコラボ》

本トレーニングプログラムは、サイバーセキュリティのホームドクターである齋藤教授が率いるレンジフォース株式会社とV-threatサービスを提供している株式会社バルクが、中小企業のサイバー攻撃に対する知識や防御能力向上のために考えた純国産のオリジナルプログラムになります。

Rangeforce
v-threat

トレーニング日程を確認

各コースのトレーニング受講による効果

コース名 効果
全コース共通 ・演習型なので、説明されるよりも体験してホントの理解ができる。
BRONZEコース ・サイバー攻撃がどのような被害をもたらすのか初歩的なことが理解できる。
・自社では「対策するべきなのか」「何をしなければいけないか」が分かる。
・Webやネットワークに潜むリスクの対処方法と対策方法が分かる。
・受講後すぐに必要最低限の対策と対処の実践が可能になる。
SILVERコース ・適切な対策方法決定の手順が分かる。
・膨大なコストをかけなくても、適正な対策を取る方法が分かる。
・全て外部委託ではなく、内製化でコストを低減した対策・対処が取れる。
・インシデント発生時の適切な対処方法を学べる。
PREMIUMコース ・自社で本格的にサイバー攻撃対策の内製化を目指すことができる。

Cyberセキュリティトレーニングの特徴

BRONZEコースはトレーニングで基礎習得+自社も対策するべきか判断できる
SILVERコースからは具体的対策とインシデント対応の技術者向けトレーニング
スキルアップ目的のPREMIUMは高度な技術トレーニングプログラム

まずはBRONZEコースで初歩的な学習と基本対処方法を習得→SILVERコースで対策の内製化と対応力強化→PREMIUMコースで高度なサイバー攻撃の対応力を習得できます。

Cyberセキュリティトレーニングの受講におすすめの方は?

  • 【BRONZE】
      自社のセキュリティに関して今一つ自信の持てない経営幹部
  • 【BRONZE】
      セキュリティ対策をほとんど実施していない中小企業の方
  • 【BRONZE】
      ISO27001取得企業の情報セキュリティ責任者様
  • 【BRONZE】【SILVER】
      システム管理責任者またはシステム担当者様
  • 【SILVER】【PREMIUM】
      サイバーセキュリティに関する知識を深めたいシステムエンジニアの方
  • 【BRONZE】【SILVER】
      自社にはサイバーセキュリティに詳しい人がいないので不安を感じている方
  • 【BRONZE】【SILVER】【PREMIUM】
      セキュリティ対策の必要性を理解し改善検討に活かしたい方

BRONZEコース

SILVERコース

※コース詳細は8月にアップ予定。しばらくお待ちください。

PREMIUMコース

※コース詳細は8月にアップ予定。しばらくお待ちください。