ライフスタイル・プロファイリング調査 | バルクマーケティングリサーチサービス

ライフスタイル・プロファイリング調査

どのようにターゲット設定していますか?

マーケティング戦略の基本項目のひとつがターゲットの設定です。市場が細分化・複雑化している現在、地域・性別・年齢・職業といった表面的な属性(デモグラフィック属性)だけでターゲットを設定していては不十分で、ライフスタイルやその背景にある価値観など、心理的な要因(サイコグラフィック属性)を元に生活者を分類し絞り込むことが必要になっています。そのベースになるのがライフスタイル調査です。

この調査で分かること

  • ライフスタイルの背景にはどのような価値観があるのか
  • 生活者はライフスタイルの違いにより、どのように分類されるのか
  • どのようなライフスタイルの特性を持つグループに商品のニーズが高いのか

ライフスタイル調査の分析ステップ

1. セグメンテーション

ライフスタイル調査では、関心領域や価値観に関する調査項目を設定し、クラスター分析等の手法で、回答者を分類します。

 

■「衣・食・住・遊」に関する生活価値観の設問を使ってセグメントした例
(30代・40代の女性対象)

「衣・食・住・遊」に関する生活価値観の設問を使ってセグメントした例

    「静かな自分の時間を楽しむ生活」グループの人は、『安定志向』が高めで、「スポーツや習い事を楽しむ生活」グループの人は、『刺激志向』が高めの傾向が見られます。

2. プロファイリング分析

生活意識や商品の所有状況、メディア接触などの回答結果から、各グループの特徴を抽出していきます。

■「料理に関する意識」の例

「料理に関する意識」の例

    「住まい・インテリアを楽しむ生活」グループの人は、インテリアへのこだわりがあり、料理に関しては、テーブルセッティングやお皿のデザインへのこだわりも見られます。

 

■「調理器具の所有状況」の例

「調理器具の所有状況」の例

    「住まい・インテリアを楽しむ生活」グループの人は、調理器具の所有状況を見ると、『食洗機』(42.7%)や『ホームベーカリー』(34.1%)の所有率が高く、また『無水調理鍋』の所有率も2割を超えています(20.6%)。いろいろな調理器具を揃えて、住まいでの生活を楽しんでいることが窺えます。

 

■「メディアの接触状況 ~料理の情報源~」の例

「メディアの接触状況 ~料理の情報源~」の例

    「住まい・インテリアを楽しむ生活」グループの人は、料理に関する情報を『テレビの料理番組』や『生活雑誌の記事』といったところから収集しており、他のグループより情報収集のアンテナが高めなことが窺えます。

この調査の特長

主な手法
ネットリサーチ CLT(会場調査) 訪問調査 インタビュー
HUT(サンプルモニター調査) 郵送・電話・FAX調査
主な分析
クラスター分析 CSポートフォリオ分析 コンジョイント分析 コレスポンデンス分析
重回帰分析 因子分析 PSM分析

その他の分析

  • クロス集計
  • グラフ など

クラスター分析

クラスター分析

因子分析

因子分析

クロス集計&グラフ

クロス集計&グラフ

質問例
  • あなたはどのように休日を過ごすことが多いですか。
    (読書、スポーツ、芸術鑑賞、友人との交際、テレビ・DVD鑑賞、休養、家事、習い事、旅行・ドライブ、ボランティア・社会貢献・・・など)

  • あなたは「***」に興味はありますか。
    (非常に興味がある、やや興味がある、どちらともいえない、あまり興味がない、全く興味がない)

 

関連サービス

関連手法

事例紹介