消費者・ユーザー実態調査 | バルクマーケティングリサーチサービス

消費者・ユーザー実態調査

消費者の実態、つかんでいますか?

モノ余りの現代、必要なものはいつでも簡単に手に入るようになりました。消費者は今、数ある商品の中から自分にピッタリ合ったモノを探し求めています。こんな時代だからこそ、消費者の目線に立ち、消費者の声に耳を傾け、ひとりひとりの消費者を深く理解していくことが何より重要になってきています。

潜在化したニーズはもちろん、消費者が感じる「なんとなく」という感覚にまで迫っていくことができれば、通常では見えにくい(潜在)ニーズの発掘へと繋がっていきます。

調査は、広範囲の消費者を対象にした「実態調査」の他、一度調査を行った対象者を定期的に再調査し、時系列で追っていく「追跡調査」とがあります。

この調査で分かること

  • どのような消費者にどのような特色があるのか
  • 消費者のニーズはどのように分類できるのか、またその背景について
  • 現状の商品はどのようにニーズに対応しているのか
  • 消費者はどのようなパターンに分類できるのか、どのパターンの消費者がターゲットとしてふさわしいのか

この調査の特長

主な手法
ネットリサーチ CLT(会場調査) 訪問調査 インタビュー
HUT(サンプルモニター調査) 郵送・電話・FAX調査
主な分析
クラスター分析 CSポートフォリオ分析 コンジョイント分析 コレスポンデンス分析
重回帰分析 因子分析 PSM分析

その他の分析

  • クロス集計
  • グラフ
  • テキストマイニング など

クラスター分析

クラスター分析

因子分析

因子分析

クロス集計&グラフ

クロス集計&グラフ

質問例
  • あなたの年齢、性別、家族構成、住居地域職業についてお教えください。
  • あなたの趣味は何ですか。
  • この商品は、いつどこで誰が購入しましたか。
  • 商品への不満、要望等があればお教えください。
  • 商品をお使い頂いた感想をお教えください。