ブランドイメージ調査 | バルクマーケティングリサーチサービス

ブランドイメージ調査

ブランドの健康診断していますか?

健康な体を維持するためには健康診断で「良いところ」「悪いところ」を見つけ出す必要があります。強いブランドを作るのも同じです。ブランドイメージ調査により「よいところ」「悪いところ」を明確にし、ブランドの価値を「見える」ようにしなければなりません。

企業ブランド価値は、①認知(Awareness)、②知覚品質=良いものとして差別化された認識(Perceived Quality)、③ロイヤルティ(Loyalty)、④ブランド連想(Associations)、などによって構成されるという定義が一般的です。

バルクのブランドイメージ調査も、主に①~④の項目で調査・分析を行い、ブランドの構造と指標を明確にして、ブランドの「カルテ」作りのお手伝いをします。

この調査で分かること

  • どのような人にどこが評価されているのか
  • 競合と比較してどのようなポジションにあるのか
  • どのような評価項目と近いのか
  • ロイヤリティに何が影響しているのか
  • ロイヤリティを高めるには何が課題なのか

この調査の特長

主な手法
ネットリサーチ CLT(会場調査) 訪問調査 インタビュー
HUT(サンプルモニター調査) 郵送・電話・FAX調査
主な分析
クラスター分析 CSポートフォリオ分析 コンジョイント分析 コレスポンデンス分析
重回帰分析 因子分析 PSM分析

その他の分析

  • クロス集計
  • グラフ
  • テキストマイニング など

コレスポンデンス分析

コレスポンデンス分析

重回帰分析

重回帰分析

クロス集計&グラフ

クロス集計&グラフ

質問例
  • 認知:Awarenss
    あなたがご存知の「~会社」を思い浮かんだ順にお知らせください。(純粋想起)

  • 知覚品質:Perceived Quality
    以下の内容にあてはまると思う「~会社」をお知らせください。
    ①安定した経営をしている ②優れた商品を製造している ③優れた人材を育成している 
    ④社会に貢献している ⑤地球環境に配慮している ・・・など

  • ロイヤリティ:Loyalty
    あなたは「A社」をどの程度よい会社だとお感じですか。

  • ブランド連想:Associations
    あなたは「A社」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか。
    【バリュー】①創造力がある ②熟練している ③多様性がある ④専門性が高い
    【キャラクター】①楽しい ②堅実 ③厳しい ④迅速

 

関連サービス

関連手法