電子マネーに関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査

Vol.60 電子マネーに関する調査

Edyを運営する会社が「ビットワレット株式会社」から「楽天Edy株式会社」に社名を変更、サービス名も「楽天Edy」に変更されました。 コンビニや駅ナカ店舗、また、駅の改札やバスなどでカードをタッチ、小銭いらずでスムーズに決済できる便利なカード。今やコインパーキングの支払いや、PASMOを部屋の鍵として使っているマンションなどもあるようです。 そこで今回は「プリペイド式電子マネー」をテーマに、10代~60代のバルクルーメンバーに聞いてみました。 一番よく利用されている電子マネーは?電子マネーを利用する理由・利用しない理由とは?!

※本調査レポートの引用・転載ご希望の方はこちらをご参照ください。

調査概要

調査方法 Webアンケート方式
調査対象 10代~60代男女(バルクルーメンバー)
アンケート参加者数 合計1,173人 男性599人(年代別内訳: 10代/80、20代/104、30代/106、40代/108、50代/104、60代/97) 女性574人(年代別内訳: 10代/70、20代/106、30代/105、40代/99、50代/105、60代/89)
調査日時 2012年7月20日(金)~7月24日(火)
調査機関 株式会社バルク

3000990_11

アンケート結果トピックス

    • 「知っている」・「利用している」・「最もよく利用している」電子マネー、いずれも『Suica』がトップ!
    • 現在流通している電子マネーのうち、「知っている」・「利用している」・「最もよく利用している」ものは『Suica』が最も多いという結果になりました。  女性に限って見れば、「最もよく利用している」電子マネーは、流通系の「WAON」となっていました。
    • 利用頻度は週1日以上が6割
    • 電子マネーの利用頻度は週1日以上が約6割にのぼるという結果になりました。  また、利用するお店は「コンビニエンスストア」が断トツで多いという結果になりました。
    • 利用金額は4人に3人が月5,000円未満
    • 利用金額を聞いたところ、75.5%の回答者が「月に5,000円未満」と答えました。  比較的少額決済の人が多いようです。
    • 利用する理由は、実利と利便性
    • 利用する理由を聞いたところ、「ポイントがたまるから」と  「支払いが早く済むので」、「小銭を持たなくて済むので」がほぼ同率で挙げられました。

電子マネーの利用実態(1)

まずはじめに「電子マネーの利用実態」を把握するために、認知しているプリペイド式電子マネー、利用しているプリペイド式電子マネーを聞いてみました。 認知率が最も高かったのはJR東日本が発行している「Suica」でした。その認知率は全国でも63.6%と、6割強の回答者が「Suica」を知っているという結果になりました。 また実際に利用しているプリペイド式電子マネーも「Suica」が多く、特に男性では認知している回答者の3割半ばが利用しているという結果になりました。一方女性では流通系である「WAON」の利用率が高く、認知者の3割弱が利用しているという結果になりました。

設問1:あなたがご存知のプリペイド式(前払い式)電子マネーをお知らせください。(いくつでも)

【ご存知のプリペイド式電子マネー 性別グラフ】

3000990_21

認知しているプリペイド式電子マネーを複数回答形式で聞いたところ、全体では「Suica」(63.6%)が最も知られているという結果になりました。 性別で見ると、認知している電子マネーは1位が男女ともに「Suica」でしたが(男性:63.6%、女性:61.5%)、2位は異なり、男性は「楽天Edy」の60.4%、女性は「WAON」で57.1%という結果になりました。

設問2:あなたが利用しているプリペイド式電子マネーをお知らせください。(いくつでも)

【利用しているプリペイド式電子マネー 性別グラフ】

3000990_22

続いて実際に利用しているプリペイド式電子マネーを複数回答形式で聞いてみました。 最も多かったのは「Suica」(31.0%)で、それに楽天Edy(25.4%)、「WAON」(23.9%)が続くという結果になりました。「Suica」や「楽天Edy」は男性、「WAON」は女性に支持されているようです。 「nanaco」について、認知率は高かったのですが、実際に利用している人は多くないという結果になりました。

設問3:Q2でお選びの中で、あなたが最も利用しているプリペイド式電子マネーをお知らせください。(ひとつだけ)

【最も利用しているプリペイド式電子マネー 性別グラフ】

3000990_23

プリペイド式電子マネーを利用している774人に、最もよく利用しているプリペイド式電子マネーを聞いてみました。 最も多かったのは「Suica」(26.0%)で、プリペイド式電子マネーを利用する人の約4人に1人が最もよく利用しているという結果になりました。 性別でみると、男性では「Suica」(29.6%)、「楽天Edy」(26.0%)が多かったのに対して、女性では「WAON」が25.6%で最も多いという結果になりました。

電子マネーの利用実態(2)

続いても電子マネーの利用実態を把握するために、利用頻度や金額、利用しているお店などを聞いてみました。 プリペイド式電子マネーの利用頻度を聞いたところ、「週に1日以上」と答えた人は6割にのぼりました。 また電子マネーを利用するお店を聞いたところ、「コンビニエンスストア」が5割半ばで断トツでした。2位は「鉄道・バスなどの交通費」が3割強となりました。これから先、利用できるお店が増えてくると、この順位も変わってくるかも知れませんね。 電子マネーをひと月にいくらぐらい利用しているか金額を尋ねたところ、「5,000円未満」と答えた割合は7割半でした。あまり大きな買物では電子マネーは使わず、少額の決済に利用しているという人が多いようです。

設問4:どのくらいの頻度でプリペイド式電子マネーを利用していますか。

【プリペイド式電子マネー利用頻度 性別グラフ】

3000990_31

プリペイド式電子マネーを所持している人に対し、その利用頻度を聞いてみると、全体では「週に2~4日程度」が最も多く、24.7%でした。 週に1日程度以上の回答者を合算した「週に1日以上」では59.9%と、所持している回答者の約6割が週に1日以上使っている、という結果になりました。

設問5:プリペイド式電子マネーをどのようなお店で利用していますか。(いくつでも)

【プリペイド式電子マネーの利用店舗 全体グラフ】

3000990_32

電子マネーをどのようなお店で使っているのでしょうか。 使用している店舗の種類を聞いたところ、最も多かったのは「コンビニエンスストア」で54.0%でした。以下「鉄道・バスなどの交通費」が31.2%、「スーパー」が28.5%と続きます。 その他の回答内容を見てみると、「社員食堂」や「大学生協」などの回答も見受けられました。

設問6:月にいくらぐらいプリペイド式電子マネーを利用しますか。

【プリペイド式電子マネーの月額利用額 性別グラフ】

3000990_33

電子マネーを所持している人に、ひと月にいくらぐらい使用するかを聞いてみました。 最も多かったのは「500~1,000円未満」で16.9%でした。5,000円未満までを合算したところ、75.5%の回答者がこれにあてはまり、約4人に3人は月に5,000円未満の利用にとどまっている、ということがわかりました。

電子マネーを利用する理由・利用しない理由

プリペイド式(前払い式)電子マネーを利用している人に、オートチャージの利用有無と電子マネーを利用する理由、利用していない人に利用しない理由をそれぞれ聞いてみました。 オートチャージは電子マネー利用者の約2割が利用していると答え、1,000円を下回ったら3,000円オートチャージする、という人が多かったです。 利用する理由としては「ポイントがたまるから」という賢い使い方が最も多く、ほぼ同じ割合で「支払いが早く済む」「小銭を持たなくてよい」という利点を挙げる人が多く見受けられました。 また、利用していない人に理由を聞いたところ、「利用する必要がないから」という答えが圧倒的に多く、電子マネー普及の今後の課題となりそうです。

設問7:あなたはオートチャージ設定をしていますか。

【オートチャージ利用状況 性年代別グラフ】

3000990_41

電子マネーを利用している人に、オートチャージ(残高が一定額を下回った場合に、自動的に口座等からチャージ(入金)を行う仕組み)を利用しているか聞いたところ、2割の回答者が「利用している」と答えました。男女間で比較しても、それほど大きな差は見られず、ともに2割という結果になりました。 性年代別で見てみると、男性は20代、50代がやや多く、3割弱(それぞれ28.0%、28.2%)となりました。また女性は、60代以上が一番多く、3割を超えていました(31.5%)。女性20代は、どの性別年代より少なく8.6%となっており、男性20代と比較すると約3分の1という結果でした。 チャージするタイミングとチャージする金額を自由回答形式で聞いたところ、「1,000円を下回ったら、3,000円オートチャージする」という人が最も多かったです。

設問8:(利用者のみ)あなたが電子マネーを利用する理由をお選びください。(いくつでも)

【電子マネーを利用している理由 全体グラフ】

3000990_42

プリペイド式電子マネーを利用している人に、なぜ利用をするのか、その理由を複数回答形式で聞いてみました。 最も多かった理由は「ポイントがたまるから」(49.7%)で、約半数の回答者がこのように答えました。次いでほぼ同じ割合で「支払いが早く済むので(レジでもたつかないで済むから)」(45.8%)、「小銭を持たなくて済むので」(44.5%)と続きました。

設問9:(非利用者のみ)あなたが電子マネーを利用しない理由をお選びください。(いくつでも)

【電子マネーを利用しない理由 全体グラフ】

3000990_43

プリペイド式電子マネーを利用していない人に、なぜ利用しないのか、その理由を複数回答形式で聞いてみました。 最も多かったのは、「利用する必要がないから」(60.7%)が断トツのトップでした。以下、「チャージ(入金)するのが面倒」(35.1%)、「使えるお店が限られているから」(19.4%)が続きました。

こういうお店で使えたら便利なのに・・・(自由回答)

多く見受けられた回答は「ファミレス」「カフェ」「100円ショップ」「病院」「映画館」などでした。また、具体的なお店ではないのですが、「もっと利用できる店舗・もっと利用できる自動販売機が増えるとうれしい。」という回答が圧倒的に多かったです。ユーザー側からみると、まだまだ使えるお店が多くない、もっと使えるお店が増えて欲しいという感想のようです。

設問10:「こういうお店で使えたら便利なのになぁ」というお店やシチュエーションをご自由にお書きください。

【 こういうお店で使えたら便利なのに・・・ 】
  • ファミレスやカフェ   (30代、女性)
  • 学校の購買       (10代、男性)
  • 居酒屋         (50代、男性)
  • 病院・医院・薬局    (60代以上、男性)
  • 映画館         (60代以上、女性)
  • 100円ショップ     (20代、女性)
  • ガソリンスタンド    (30代、男性)
  • いろいろな自販機   (10代、男性)
  • 牛丼屋         (40代、男性)
  • 公共料金の支払い    (40代、男性)

今回は「プリペイド式電子マネー」をテーマに聞いてみました。 小銭を持たなくて済み、支払いもスムーズ、ポイントも貯まるというところに魅力を感じているユーザーが多いようです。 一方で電子マネーを利用していない人は「特に必要性を感じない」といった声が多く、もっと魅力的な特典などがあれば、まだまだ普及の余地がありそうです。 また、アンケートの最後に『「電子マネーがこういうお店で使えたら便利なのに…」と思うお店やシチュエーションを自由に記入してください』という質問をしましたが、圧倒的に多かったのは「利用できる店舗が今よりも増えればいいのに」という回答でした。   電子マネーを利用できる店舗がたくさんあるとは言えない現在、さらに利用できる店舗が広がればユーザーもますます増えて、いずれは一人一枚の時代が来るのでしょうか?