リサーチ会社 | バルクマーケティングリサーチ 調査会社としての特徴

バルクリサーチの特徴

リサーチコンサルティング

『情報価値』にこだわり、次のアクションにつながる情報を提供します

バルクの「リサーチコンサルティング」は、リサーチ結果を考察し導き出す『情報価値』にこだわります。 ご提供する成果は単なる調査結果として得られたデータではなく、お客様が解釈し、納得でき、調査後のマーケティング施策の展開につながるアウトプットの提供として設定しています。

重要視している「考察」と「リサーチの企画・設計」

「お客様が解釈し、納得でき、その先のマーケティング施策の展開につながるアウトプットの提供」の為に、その入口となる現状の課題共有やリサーチ目的の明確化はもちろんのこと、『情報価値』の根幹である考察、そしてそのベースとなるリサーチの企画・設計を重要視し、且つ強みとしています。

img_01

リサーチコンサルティングの流れ

まずは「現状の課題の共有」と「リサーチ目的の明確化」と言った“リサーチの着手前“ に時間をかけ、「リサーチの企画・設計」へとつなげていきます。

img_02

課題共有、目的明確化

  • 担当営業の定期的な訪問
    マーケティング全般やリサーチに関する積極的な情報提供
  • 社内ディスカッションへの参加

企画・設計

  • 企画分析専門(アナリスト)のヒアリング
  • 課題に則した企画提案を実施  設問作成だけではなく、最適な調査手法のご提案(企画)までの対応
arr_01
img_03

リサーチ結果をお客様が解釈し、納得していただき、その先のマーケティング施策の展開につなげていただく為、結果の分析から導き出される考察を重要視していきます。

リサーチ(調査実施)

  • 担当リサーチャーの一貫した対応
    調査票チェックから実査、集計まですべて同じリサーチャーが対応

集計・分析

  • 基礎的な単純集計やクロス集計から、目的に応じた多変量解析など、様々な分析手法でリサーチ結果を可視化

考察・提言

  • 報告書の最終納品前の中間報告
    細かい内容のすり合わせ、確認を実施
  • リサーチ結果に対する報告書やディスカッションの開催
  • 営業によるご納品後のアフターフォロー
    リサーチ結果を踏まえた今後のご提案

バルクが選ばれる理由

  • ph_04

    お客様専任の専門チームがしっかりサポートいたします

    弊社の専門部門が入ったお客様専任の「チーム」として、お客様の業界や課題を把握し、調査目的・課題の共有からご提言までしっかりサポートいたします。 分業体制ではないので、安心してご相談いただけます。また、リサーチ結果の捉え方やデータの活用方法など、“活用”できるアドバイスもいたします。

  • ph_05

    リサーチ20年の実績があります

    インターネット聡明期からネットリサーチを事業の基幹とし、お客様のマーケティング課題を解決するリサーチを目指して、20年取り組んでおります。

  • ph_06

    プロジェクト実績、2,000件以上!お客様リピート率、85%超!

    リサーチ実績が20年を超え、関わらせていただいたプロジェクト数も、2,000件以上となりました。業界も多岐に渡り、経験豊富です。 「お客様と課題を共有する」をポリシーとした対応を心がけ、おかげさまで取引リピート率は、85%以上です。

  • ph_07

    上場企業傘下の信頼のリサーチ会社です

    リサーチ業界では数少ない、上場企業のリサーチ会社です。安心してお任せいただけます。 ※2005年に上場し、その後2007年に純粋持株会社移行に伴う会社分割(事業会社として株式会社バルクを新設)しています。

  • ph_08

    個人情報の取り扱いについてもご安心ください

    プライバシーマークの認証取得支援を別事業で行っている関係上、個人情報については、全社をあげて厳格にお取り扱いいたしております。 お客様のリストをお預かりする調査に関しましても、その安心感には定評があります。

お客様の声

  • 社内で設問化に迷っていましたが、バルクさんが自社の現状、課題、思いを共有してくれたので、課題解決につながる設問設計をしてくれました。自社内に設計のノウハウが無かったので、今回の調査で学ばせてもらいました。
  • 自社顧客を対象にしたCS調査をお願いしましたが、打合せ時から個人情報保護やセキュリティの提案が安心しました。 CS調査も、自社に合うオリジナル指標でまとめてもらえたので、改善に役立つ調査結果でした。
  • 調査報告書の考察が自分たちの視点で書かれていたので、社内でも納得でき理解の共有も早かった。 その結果、調査後のアクションが通常よりも早く動けました。